ブルガリの歴史 カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > スポンサー広告 > ブルガリの歴史ホーム > カルティエ・ブルガリ情報 > ブルガリの歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブルガリの歴史


■1857
ブルガリ創始者、ソティリオ・ブルガリがギリシャに生まれる。






■1879
ブルガリ一家、ローマへ移住。銀細工の商売を始める。






■1884
ローマのシスティーナ通りに最初の店を開く。






■1905
システィーナ通りの店をコンドッティ通りに移転。






■1932
創始者、ソリティオ・ブルガリ死去。享年75歳。

息子ジョルジョとコンスタンティノがコンドッティ通りの店を改装。






■1970~'79
パリ、ジュネーブ、モンテカルロ、ニューヨークに出店。






■1977
腕時計「ブルガリ・ブルガリ」を発表。






■1983
新しいジュエリーライン「ドッピオ・クオーレ」を発表。






■1984~'85
パオロ・ブルガリがグループの会長に、ニコラ・ブルガリが副会長に、フランチェスコ・トラーパニが社長に就任。






■1986~'89
ミラノ、ロンドン、ミュンヘン、サンモリッツ(スイス)、東京、大阪、香港、シンガポールに出店。

ニューヨーク五番街に出店。北米で2番目の旗艦店となる。






■1989
古代ローマの円形競技場をモチーフにした時計「アンフィテアトロ」を発表。






■1991
新しいジュエリーライン「ナチュラリア」を発表。

アジアの旗艦店として東京本店がオープン。

アジアのマドリッド、アスペン(アメリカ)に出店。






■1992
クラシックな腕時計を新たに正方形で表現した腕時計「クアドラート」を発表。

新しいジュエリーライン「スピガ」ラインを発表。

デュッセルドルフ、ロサンゼルス、マイアミ、コルティナ(イタリア)、台北、バンコクに出店。

チューリッヒ、サンフランシスコにショールームをオープン。






■1993
グリーンティーをベースにした初の香水「オ・パフメ」オーデコロンを発表。

欧米地区において、世界の一流時計専門店を通じて腕時計を販売するという新戦略を打ち出す。

カンヌ、チューリッヒ、アテネ、ドバイ、ラスベガス、ソウルに出店。

ロンドンに2号店をオープン。






■1994
女性向けの香水「ブルガリ プールファム」を発売。

ゴールドと磁器を使ったジュエリーライン「チャンドラ」をパリで発表。

オートマティック・ムーブメントのスポーツウォッチとダイバーズ・ウォッチの新しいスポーツラインを発表。

「グラン・コンプリカシオン(クロノグラフ・ムーンフェイス・ミニッツリピーター・永久カレンダーを搭載した超複雑懐中時計機構)」や「ミニッツリピーター(分単位で時刻を打ち分け、時刻を知らせる機構)」「トゥールビヨン(姿勢差による時刻のずれを押さえるために考案された機構)」を搭載した腕時計を発表。

ヒューストン、コスタ・メサ(アメリカ・カルフォルニア州)、クアラルンプールに出店。






■1995
香水「プールファム」と「オ・パフメ」のバスラインを発表。

男性向けの香水「ブルガリ プールオム」をイタリア、アメリカ、中東で発表。

新しいジュエリーライン「チュルタウラ」「カレイドス」を発表。

新しいジュエリーウォッチ「トリカ」を発表。

フィレンツェ、ベルリン、ジェッダ(サウジアラビア)、クウェート、シドニー、ジャカルタに出店。






■1996
バーゼルにて「グラン・コンプリカシオン(超複雑懐中時計)」を搭載した「ブルガリ・ブルガリ」の新モデルを発表。

組ひもをモチーフにしたジュエリーライン「トリカ」、ダイヤモンドリング・コレクションを発表。

香水「オ・パフメ オーラヴェール エクストレム」の販売を開始。

ブルガリの約100年の歴史をつづった本『ブルガリ ブック』を刊行。世界中でブルガリ展を開催。

アイウェアの製造販売に関し、ルックスオティカ社と契約を結ぶ。

ブルガリ初のスカーフコレクション「アクエレッリ」をイタリアと日本で発表。






■1997
「XLリング」コレクションを発表。

「バレンテシス」「トリカ」のホワイトゴールド・バージョンを発表。

若い世代向けの腕時計「ソロテンポ」を発表。

初のアイウェアおよびレザーコレクションをイタリアとアメリカで発表。

母と子のためのフレグランス「プチ ママン」の販売を全世界的に開始。

初のスキンケア製品「イドラ・デ・ヴィタリザン」を日本にて先行発売。






■1998
「XLリング」コレクションを発表。

XLリングにイエローとホワイトゴールドによるペンダントやイヤリングが加わった「XLシリーズ」を発表。

プラチナライン「ヌーボレ」を発表。

ローゼンタール(ウォーターフォード・ウェッジウッド・グループ)と全世界的にテーブルウェア、ギフトウェアをデザイン、製造、販売する契約を締結。」

1999年春夏「トリバーレ」スカーフコレクションのインターナショナル発表会をニューヨークで開催。

腕時計「アルミニウム」を発表。

ルックスオティカによるアイウェアを全世界的に展開。

男女兼用フレグランス「ブラック」のインターナショナル発表会をロンドンで開催。

初のレザーコレクションを全世界的に展開。






■1999
2シーズン目となるアイウェアコレクションを発表。

春夏レザーグッズを発表。

家庭向け磁器製品、クリスタル、バーウェア、シルバーウェアで構成された「ホームデザイン」コレクションを発表。

「ブルガリブラック バス」コレクションを発表。

新しいウォッチライン「オーバル」を発表。

新しいジュエリーライン「ビー・ゼロワン」を発表。






■2000
スイスの高級時計メーカー、ジェラルド・ジェンダ社、ダニエル・ロード社、関連製造施設を所有しているマニュファクチュール・オート・オルロジュリー社の株を100%取得。

新会社ダニエル・ロード&ジェラルド・ジェンダ オート・オルロジュリー社を設立。

1930年代のイタリアの工業デザインにインスピレーションを得た腕時計「レッタンゴロ」を発表。

世界で99本限定で作られたプラチナ製の最高級腕時計「リザーブ・ドゥ・マルシェ」を発表。

新しいフレグランス「ブルガリ ブルー」を発表。

初のロゴバッグシリーズ「ロゴマニア」のバッグ&スカーフを日本で先行発売。






■2001
新しいジュエリーライン「ルチア」を発表。

男性用フレグランス「ブルー プールオム」を発表。






■2002
「ビー・ゼロワン」のバッグを発表。

東京・銀座店グランドオープン。

バーゼルにて「B.zero1」ウォッチを発表。





スポンサーサイト
[ 2010/05/06 22:15 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。