消えたカルティエのダイヤを含むマハラジャのコレクション展―米シカゴ カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > スポンサー広告 > 消えたカルティエのダイヤを含むマハラジャのコレクション展―米シカゴホーム > カルティエ・ブルガリ情報 > 消えたカルティエのダイヤを含むマハラジャのコレクション展―米シカゴ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

消えたカルティエのダイヤを含むマハラジャのコレクション展―米シカゴ

消えたカルティエのダイヤを含むマハラジャのコレクション展―米シカゴ
 インドの文化や歴史に対する関心の高まりを受け、米シカゴのフィールド博物館で「マハラジャ展(Maharaja: The Splendor of India's Royal Courts)」が開催されている。10月10日付ナブバーラト紙が報じた。

 今月10日に始まり、来年の2月3日まで続く展覧会は、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が主催、18世紀から1947年の独立まで、インドの藩王国を統治してきた知られざるマハラジャたちのストーリーを、200点を超える絵画や宝石、武器、衣装などの展示品とインドの歴史とを絡めて紹介する。

 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館は所蔵品としてマハラジャの遺産を多数保管しているが、これまで展示に供されることはなかった様々な水彩画などから、当時のマハラジャたちの豊かな生活や、宗教を超えた統治に心を砕いたパワーシフトの歴史を垣間見ることができるとしている。

 展示品の目玉としては、1928年にパティアラ藩王国のマハラジャ、ブーピンデール・シンのために宝飾メーカーのカルティエが制作した、世界で7番目に大きなダイヤモンドを含む2,930個もの燦然と輝くダイヤモンドを使った儀式用の小品だという。これは長らく行方が分からなくなっていたが、1998年に、大粒のダイヤモンドがほとんど引き剥がされた無残な姿になってロンドンで発見され、現在は人造石が埋め込まれている。
スポンサーサイト
[ 2012/10/17 01:26 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。