「AR三兄弟」ルイ・ヴィトン、カルティエ カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > スポンサー広告 > 「AR三兄弟」ルイ・ヴィトン、カルティエホーム > カルティエ・ブルガリ情報 > 「AR三兄弟」ルイ・ヴィトン、カルティエ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「AR三兄弟」ルイ・ヴィトン、カルティエ

「AR三兄弟」ルイ・ヴィトン、カルティエ

AR(拡張現実)技術を活用し、エンターテイメントやファッション分野で様々な演出を手がける技術者ユニット「AR三兄弟」は、8月6日から9月14日まで、過去の作品を週替わりで紹介する企画展「AR三兄弟は、GMOとくとく通信で得をするのか、損をするのか、展。」を開催している。

2週目となる今週は、「毎日がメンズプレシャス:MEN'S Precious年間巻頭掲載をうっかり巨大化しました。」と題し、ファッション誌「MEN'S Precious(メンズプレシャス)」で発表された企画内容を、実際の雑誌やパネルで展示している。

同企画は、メンズプレシャスの誌面において、商品の写真部分にiPhoneやiPadなどの端末をかざすと、誌面にかざしたことを端末が検知し画面上に商品が映し出され、動かせるようになる仕組み。ARを使って、端末に映し出されたヴィトンのバッグのファスナーを開けたり、カルティエの時計の針が動き出したりと、誌面上では不可能な、商品の動きを表現し、商品の持つ世界観や着用時のイメージを視覚と音声で感じることが可能となっている。

2012年4月6日号ではルイ・ヴィトン、6月6日号ではカルティエとの企画を掲載し、ラグジュアリーブランドとAR技術のコラボレーションは大きな反響を呼んだ。ヴィトンの企画では、誌面にiPhoneなどの端末をかざすと、端末のディスプレーにヴィトンのバックのファスナーが映し出され、そのファスナーを開くと、時間、場所、気候に合わせた商品が映し出されるようになっている。

「ヴィトンの企画は“旅”がテーマでドラえもんの4次元ポケットにヒントを得て思いついた。カルティエの企画は、“時間”がテーマで、雑誌や広告で必ず10時10分で止まっている時計の針を動かすことができたら面白いだろうという発想から生まれた。」と、AR三兄弟の“長男”、川田氏(写真左)。同氏は、3人の中で企画を担当し、ARに関する講演も多く行っている。「今後、生地の手触りから商品を検索できる技術などの開発も考えている」とのこと。

10月6日に発売されるメンズプレシャスでも、ラグジュアリーブランドとのコラボ企画を予定しており、今後も、ファッション分野における、AR技術を使った販促・ブランディングを進めていく。
スポンサーサイト
[ 2012/08/29 00:49 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。