JPモルガンは「分別あるリスク」取っていた-オメガの会長  カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > スポンサー広告 > JPモルガンは「分別あるリスク」取っていた-オメガの会長 ホーム > カルティエ・ブルガリ情報 > JPモルガンは「分別あるリスク」取っていた-オメガの会長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JPモルガンは「分別あるリスク」取っていた-オメガの会長

JPモルガンは「分別あるリスク」取っていた-オメガの会長

6月19日(ブルームバーグ):ヘッジファンド運用会社オメガ・アドバイザーズ(ニューヨーク)のレオン・クーパーマン会長は、JPモルガン・チェースがクレジット・デリバティブ取引で少なくとも20億ドル(約1600億円)の損失を出したことに関して、同行はトレーディングに際し「分別のあるリスク」を取っていたとの見解を示した。

クーパーマン会長は19日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「極めて競争の激しい経済の中にあり、各行はそれなりの規模のリスクを取る必要がある」とし、JPモルガンは「リスクを取り、それは分別のあるリスクだった」と語った。オメガはJPモルガン株を保有している。

JPモルガンの20億ドルの損失に関する議会の調査を受け、銀行は経営幹部が監督しきれないほど巨大化、複雑化しかねないとの疑問が再燃している。JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)はこの日、下院金融サービス委員会で証言した。

クーパーマン会長(69)は、JPモルガン株が3月末から約23%下落しているものの、買い増してはいないと説明。米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、オメガは3月末時点でJPモルガン株を220万株を保有していた。

その上で同会長は、JPモルガンの現時点での株価は妙味があるとし、この水準で買って「2-3年の単位で投資するなら、結構な値上がり益を期待できるだろう」と語った。
スポンサーサイト
[ 2012/06/28 11:28 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。