カルティエ・ブルガリの腕時計&財布

楽天高級腕時計人気ランキング☆その他、カルティエ・ロレックス・オメガ・ブルガリ・フランクミュラーの腕時計、財布、バッグ、コインケース等ご紹介します。

ホーム > アーカイブ - 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SIHH2010リポート(1)/カルティエ初の男性専用モデル

SIHH2010リポート(1)/カルティエ初の男性専用モデル

カルティエ、パネライ、IWC、A.ランゲ &ゾーネ、ジャガー・ルクルト、ピアジェといった高級時計ブランド、頂上ジュエラーによる年に一度の新作発表会「Salon International de la Haute Horlogerie」(国際高級時計見本市)ことSIHH2010が2010年1月18日(月)から同22日(金)にかけてスイス・ジュネーブで開催されました。

同19日まで滞在した取材先のロンドンからジュネーブ入りし、現地時間で20日朝のカルティエによるプレスコンファレンスから最終日まで取材を敢行しましたが、体感的には例年通りの盛況ぶり。詳細は後日に譲りますが、各ブランドによる自社製ムーブメントの開発ラッシュ、ケースのダウンサイジング、薄型化が全体の特色。IWCの「ポルトギーゼ」にちなむ新作群、A.ランゲ&ゾーネの新作ラッシュ、ロジェ・デュブイにも往年の勢いを感じさせられました。今年からSIHHに出展することになったリシャール・ミル、名門オーデマ・ピゲの軽量モデルにも驚かされました。直に触れ、掌に乗せた時のインパクトは絶大でした。

こうしたなか、「王の宝石商」、「宝石商の王」と讃えられるカルティエは今季、6つのインハウス(自社製)ムーブメントを発表して注目を集めました。

その中でも、カルティエ初の男性専用モデル「カリブル ドゥカルティエ」は要注目。頑強さと繊細さが同居するエスプリが宿る優美なフォルムに、カルティエが満を持して自社開発した、2つの香箱(ゼンマイ)を備え、高い精度と安定性を実現する初の自動巻ムーブメント「1904 MC」を搭載しています。この「1904」という数字には腕時計史上も、大きな意味を持ちます。なぜなら1904年、ルイ・カルティエが友人である飛行家のアルベルト・サントス=デュモンのために、操縦中に時間を確認できる史上初となる男性用腕時計を創作。これが近代腕時計史の一歩となったため。

リュウズガードを備えるケースもマスキュリンで、プライスも大変魅力的。トップリテーラーたちも、店頭でのお披露目時の反響を期待していました。個人的にもブラックダイヤルのアイテム、店頭に並んだ際には思わず手が出てしまいそうです。



カルティエ
カリブル ドゥ カルティエ

CALIBRE DE Cartier/スティール、ブラックダイアル
42mmスティール製ケース、シルバー オパラインダイアル、ブラック ローマ数字
蛍光仕上げインデックス、スティール製リューズにスピネル カボション
サファイアクリスタル
シースルーサファイア クリスタルバック
カルティエ自社製自動巻メカニカル ムーブメント・マニュファクチュール、
キャリバー1904 PS MC
時、分、スモールセコンド、日付表示
ブラックアリゲーターストラップ、
スティール製アジャスタブル ダブルデプロワイヤントバックル
日常生活防水
販売価格は税込み64万4700円
4月発売予定
スポンサーサイト
[ 2010/01/26 23:04 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

【時計の祭典 ジュネーブ・サロン】2日目 カルティエ初のメンズ専門モデル

【時計の祭典 ジュネーブ・サロン】2日目 カルティエ初のメンズ専門モデル

ジュネーブ・サロン(S.I.H.H.)の2日目は、真冬ながら冷たい風がむしろ心地良く感じるほどの雲ひとつない快晴。そのせいか、会場のパレクスポまで、いつもならタクシーかシャトルバスで行くのだが、今回は初めて空港行きの市内バスを利用してみた。バス専用レーンがあるせいか、平日の通勤時間帯にもかかわらず意外に早く到着した。

会場のオープンは8時半からだが、エントランスにはすでに多くの人が集まっており、セキュリティー・チェックの長い列を抜けてようやく会場内へ。ソファやテーブル席に座れば、すぐにウエートレスがオーダーを採りに来る。飲食は無料なので、まずはコーヒーをいただくことにした。

 9時15分からラルフローレンのプレス・カンファレンスに出席して会場内に戻ると、初日を上回るほどの人出が感じられた。ランチタイムの頃には、テーブル席もソファも完全に満員状態。座るためにしばらく立って待つことになった。昨年はさすがにリーマン・ショックの直撃で出足は鈍ったが、「100年に一度の金融危機」どころか、世界の時計市場は早々と完全に復活したと感じさせるほどの活況である。中でも、予想に違わず中国からのバイヤー、メディア関係者が目立った。これは体感的に2000年ごろから始まった傾向だと思う。国内総生産(GDP)も日本を抜いて世界第二位に躍り出るのは目前といわれるから、こちらとしては非常に複雑な心境になってしまうわけだ。

 スイスの時計産業は、有名ブランドが多いので錯覚されがちだが、スイス時計協会FH―TOKYOのホームページによれば、「企業の多くは100人以下の従業員を持つ小規模メーカーであり、500人以上の従業員をかかえる企業は10社前後と非常に少ないのが特徴である」と紹介されている。日本と同様に中小企業が多いわけだが、ブランドとして自立しており、世界のマーケットを相手にしているところが大きく異なる。日本のように、下請けから孫請けというピラミッド型の構造では、親会社がつまずけば突然に仕事が激減するのは当然だ。つまり、スイスの伝統産業である時計づくりは、数多くの中小企業がブランドを持つことで自立し、鍛錬を続けてきたことが強さの背景にあると考えられる。ブランド・ビジネスとして学ぶべきところは少なくないのではないだろうか。

◆カルティエ 初のメンズ特化モデル「カリブル ドゥ カルティエ」

 カルティエはジュエラーとして長い歴史を持っているが、時計も初期の頃から手がけており、1904年には世界初の紳士用腕時計を製作したことでも知られている。こうした歴史をベースに、今年はカルティエ初のメンズに特化した意欲的な新作「カリブル ドゥ カルティエ」が発表された。このカリブルとは「キャリバー(ムーブメント)」の意味であり、100%自社開発の自動巻き、キャリバー1904MCを搭載したラウンド型ケースのコレクションである。ラグもリューズガードも大きく力強い印象を与えるが、その一方で手首にぴたりとフィットするようにデザインされており、快適な装着感を得られる。ケース径も42ミリと大きめのラージサイズ。

 ダイヤルのインデックスはカルティエのデザインの特徴であるローマ数字だが、12時を大きく強調しており、ダイナミックなアクセントになっている。歴史と伝統を壊すことなく、エレガントに、かつ男性的なイメージを追求した斬新なモデルといえるだろう。この新作によって、カルティエのブティックに立ち寄る男性が急増するのではないだろうか。

 また、レディースの新作では、ダイヤルにホールを開けてラグを貫通させた「カプティヴ ドゥ カルティエ」に注目したい。カプティヴとは英語でキャプチャー、人の心を魅了する、とりこにするといった意味を含んでいる。このモデル名が象徴するように、かなり奇抜で大胆な意匠だが、上下のラグの形は非対称でも垂直的に呼応しており、一体感を損なっていない。むしろ、エレガントな「変則」ともいうべき不思議な魅力に満ちた新作だ。ケース径が27ミリと32ミリ、それに50ミリのラージサイズもそろっている。

[ 2010/01/24 15:44 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

星の生まれる瞬間をデザインしたウォッチ。

星の生まれる瞬間をデザインしたウォッチ。

バレンタインに合わせてこんな鮮やかなウォッチはいかが?オメガの人気シリーズ「コンステレーション」より特別バージョンの"パープル"が登場。パープルのアリゲーターストラップとダイヤモンドの組み合わせが、高級時計ブランドの代表モデルを斬新にアレンジした。

「コンステレーション」とは星座を意味し、ケースの裏蓋には天文台のマークが刻印されている。これはオメガがかつて、天文台の精度を競うコンクールで抜群の成績を収めたことに由来しており、文字盤には新星の誕生をイメージしたデザイン(通称"スーパーノヴァ")が。6時の位置にある星のマークから広がるパープルの放射線は、まさに新たな輝きの誕生を予感させる。またインデックスとベゼルにはダイヤモンドがあしらい、35mm径のスポーティなウォッチながら女性らしいエレガンスも演出。コンステレーションの象徴である、ベゼルにかかる"四つ爪"のデザインもそのまま継承しており、オメガならではのモダンなデザイン性と卓越した機能性を存分にアピールしてくれる。インデックスのみダイヤをあしらったのモデル(¥388,500)も同時発売されるので、お好みに合わせてチョイスしてほしい。

色鮮やかに手首を彩るこのモデルならみんなの目を引くこと間違いなし。大人っぽいパープルでカラーコーディネイトを楽しめば、バレンタインデートもばっちりのはず!?

コンステレーション "パープル" ¥829,500 ※2月発売予定/OMEGA
お取り扱い:OMEGA ブティック各店(銀座・青山・大阪、心斎橋)、エクアション ドゥタン(東京ミッドタウン)、OMEGAショップ大丸心斎橋
[ 2010/01/20 14:41 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

オメガ、24回目の五輪公式計時を記念した"バンクーバー2010"限定モデル発売

オメガ、24回目の五輪公式計時を記念した"バンクーバー2010"限定モデル発売

スウォッチグループ ジャパンは、『オメガ』のシーマスターシリーズ新作として「オメガ シーマスター ダイバーズ "バンクーバー2010"限定モデル」を2月末に発売する。ケースサイズは直径41mmと36.25mmの2種類で、各2,010本の限定販売となる。価格はともに38万8,500円。

同商品は、オメガが1932年のロサンゼルスオリンピックから2010年のバンクーバーオリンピックまで、計24回のオリンピック公式計時(オフィシャルタイムキーパー)に採用されたことを記念したモデル。ホワイトラッカー仕上げのダイアルと赤く陽極処理を施したアルミニウムをベゼルに採用し、白地に赤いメイプルリーフを配したカナダ国旗をイメージしたという。同時に、白いダイアルは雪や氷を思い起こさせ、冬季オリンピックを強く印象付けるものとなっているとのこと。

秒針のカウンターウェイトには五輪のマークを用いたほか、ケース裏にはシリアルナンバー、バンクーバーオリンピックのロゴと同大会のシンボル"イラナーク"を刻印。このほかの仕様は、オメガCal.2500ムーブメント(自動巻き)、C.O.S.C.公認クロノメーター、300m防水、ステンレススティールケース&ブレスレットなど。
[ 2010/01/20 14:40 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

オメガからフレグランスが登場!

オメガからフレグランスが登場!

オメガ アクアテラ オードトワレ プールオム

価格:7,980円(50ml)、10,290円(100ml)の2種
販売店舗:全国のオメガブティック及びエクアション・ドゥ・タン
オメガブティック銀座、
オメガブティック青山、
オメガブティック大阪、
オメガブティック心斎橋、
エクアション・ドゥ・タン(東京ミッドタウン)



オメガから初めて、メンズフレグランス「アクアテラ」が登場しました。時計と同じネーミングがなされたこのフレグランスは、2009年12月より、全国のオメガブティックにて販売が開始されており、オメガの得意とする、スポーティさとエレガンスが表現された爽やかな香りが特徴となっています。

オメガ アクアテラにはユニークなボトルが使われています。ボトルの片方のサイドにはオンス、もう片方にはミリリットル表示のスケールがついており、透明になっているため、中の容量を見ることができるのです。

シルバーのキャップの上部には、「シーホース」が刻印されています。
シーホースは、スピードマスター、シーマスターの時計の裏蓋にも刻印されているオメガのシンボルマーク。また、キャップは、時計師が使用しているスクリュ―ドライバーのグリップを模したもの。このように時計愛用者の琴線に触れる、心にくい演出がなされています。

このフレグランスをはじめ、カフリンクスやレザーブレスレット、マネークリップなど、手ごろな価格のアクセサリーを紹介した「オメガ アクセサリーカタログ」を贈呈中とのこと。ご希望の方はぜひ、オメガお客様センターにお問い合わせくださいませ。

(問)オメガお客様センター 03-5952-4400
[ 2010/01/20 14:39 ] カルティエ・ブルガリ情報 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。